かわろぐ

ITビジネス、ガジェット、メディア、経済、子育て、遊び、飯とかなんでも配信していくよ。WordPress関連の記事はメモ感覚で書いてるので、乱文で失礼仕り候。ガジェ通とかにも記事提供してるので、よろしくね!

学校で習った英語は使えない!(その5)

LINEで送る
Pocket

今回は、英会話が出来るようになった話の「その5」です。

学校で習った英語は使えない!

あくまでも私の考え方ですが、英会話を勉強しだして思ったことは、下手でもいいから伝わった方が楽しいってことです。結局ネイティブなんて気にしない!(その2)でも書きましたが、海外で生活をした経験があるならまだしも、日本生ま日本育ちでネイティブの英語を身につけようってのが土台無理な話だと私は思います。

それはなぜかと言うと、学校教育で教わる英語が全然ネイティブじゃないし、むしろ使えないからです。例えば中学校(最近は小学校も?)で最初の方に習う英語で

「What time is it now?」

ってのがあります。まず、こんな英語使いません。「What time is it now?」って英語は警官が使うような表現なんです。「Do the homework Now!」のように文末に「Now」を付けると「今直ぐに!」って意味合いが強くなったりします。だから「今何時だ!早く教えろ!」という表現になっちゃうみたいです。こんなジャック・バウアー的な言い方は日常生活ではしませんよね。しかも、最後の「Now」のお陰で疑問形のイントネーションがめちゃくちゃ付けにくいから、余計命令されてるように聞こえちゃったりします。だから人に時間を尋ねる時には

「Do you have the time?」

って聞きます。直訳すると「時計持ってませんか?」ですが、これが時間の正しい聞き方なわけです。

「How are you?(丁寧)」
「What's up?(口語)」

って聞かれた時の返し方で「I'm fine thank you,And you?」って習ったりしますが、これを日本語的に訳すと「ありがとうございます、私は元気です。あなたは?」っていうガッチガチの意味です。マトリックスのMr.スミスみたいな言い方ですね。こんな表現、会社でも使いませんし、取引先にも使いません。ガチガチ過ぎてちょっと嫌味に取られる場合もあります。

日本人でも取引先に「最近どうですか?」って聞かれたら「いや~おかげさまで」とか言うでしょ?そんな感じで「I'm good」とか「Yah,Fine」こんなんでいいわけです。

あとは、学校の先生とかがよく言ってた

「Do you understand?」

とかもそうですね。これも申し訳なさそう~に言えばまぁOKなんですが、どちらかと言うと「お前ら分かったか~?」的な意味合いになります。だから友人同士で真顔で「Do you understand?」って言うと「お前、ほんとに分かってんの?」って感じになっちゃうわけです。

日本の学校のように、先生と生徒の間に明確な序列がある場合(あとは軍隊とか)は「Do you understand?」でもいいんですが、そもそも海外だと先生をファーストネームで呼ぶような文化ですから「Does it make sense?」のように砕けた言い方をします。

こんな感じで日本の学校で習う英語は海兵隊員が教官に対して使うような表現で、日常の英会話としては間違いなんです。だから英会話はもっとラフに考えていいと私は思います。

LINEで送る
Pocket

-1ヶ月で英会話が出来るようになった話